この大学での学習がきっかけで進路を見直しました!

河本 幸太さん

河本 幸太さん
教育学部教育学科4年
(大阪府/私立関西創価高校)

※2015年4月時点
 

本学の教育学部を選んだ理由は?

『私の人生の最後の事業は【教育】である』という創立者の言葉に感銘を受けたことと、小学校6年の時の担任教諭に影響を受けて小学校教諭をめざしたいと思ったこと、以上2つの理由から教育学部の道を選びました。3年の夏に進路を変え、現在は大学院進学をめざし、最終的には研究者になることをめざしています。

教育学科のオススメの授業は?

井手先生の「教育哲学Ⅰ」では、創価教育を深く学ぶ中で、私がめざす教師像がとても明確になりました。とても難しく課題もハードでしたが、『学んでいる!!』と強く実感のできる授業でした。もう1 つは3年からの「演習(ゼミ)」です。私は今のゼミに出会い、学んでいく中で進路が変わりました。各ゼミによって専門はバラバラですが、すべての学生にとってゼミとの出会いは大きく人生が変わる可能性を秘めていると思います。大学院進学を決めたのも、大学教員になりたいと思ったのも今のゼミと出会ったからでした。

将来の目標は?

東京海洋大学大学院に進学して「水辺の野外活動における教育的効果」に関する研究を行い、博士号を取得して、創価大学の教員になることです。そのために今は「冒険的活動における心理学」がテーマである久保田ゼミで研究に励み、また大学院進学に向けて勉強しています。

創価大学を志望する皆さんへメッセージを!

創価大学には多くの学ぶ環境が整備されています。そしてまだまだ発展を続けています。進路が明確な人はもちろん、まだ進路が見えていない人でも、創価大学で『主体的に』勉学に向き合えば必ず道が見えてきます。どんな向い風も推進力に変えていけると信じて、親孝行第一で毎日を過ごしてください。皆さんと会える日を楽しみにしています。

1週間のスケジュール

1週間のスケジュール
  • 在学生インタビュー
  • 卒業生インタビュー