授業紹介
教育学科

教育方法論

教育方法論

教師が教育実践において、人格形成をめざし子どもにはたらきかける方法と技術の力量である「実践的指導力」の土台を構築すること、そしてその自己の指導力を、相対的に眺め省察できる構えを育成することがこの授業の目的です。そのために、まずは教育方法の実践活動の背後にある理論を、しっかりと理解してもらうことが大前提となっています。

特別支援教育

特別支援教育

この授業では、教師として必要なノーマライゼーションの理念の理解と、特別支援教育を推進するための基本的知識を学ぶことを目的としています。具体的には、障がいについての見方・考え方について理解を深めるとともに、特別支援教育で使用する基礎的な用語や概念について学んでいきます。また、テレビ・新聞・書籍等のメディアからも、身近な問題として特別支援教育を考えます。

発達心理学Ⅰ

発達心理学Ⅰ

発達心理学の分野では生まれてから亡くなるまで、人は発達する存在であるという視点が重要視されるようになってきました。この授業では、生涯のうち受胎から児童期・思春期までの心理的特徴や発達課題を概観します。授業は講義形式とグループワーク形式で行われ、グループワークでは、1グループが7、8人で構成され、テーマを決めて自分たちで資料を収集し、ディスカッションを行います。学期末に各グループがプレゼンテーションを行い、全体で共有します。

  • 在学生インタビュー
  • 卒業生インタビュー