ペガサス・クラブ

ペガサス(Program for Educator in a Global Age for Soka University Students)・クラブは、教育学部生が英語を徹底して学べる特訓の場であり、グローバル時代の教育者を目指す学生のためのプログラムです。

教育学部の外国語学習クラブです

外国語の習得をサポートし、学生が創価教育について外国語で発信する力を身につけるために、教育学部の中に主体的な学習の機会として、ペガサス・プログラムが設けられています。そして、その活動を行う団体がペガサス・クラブです。英語の習得を目指すグループに加えて、2016年度から、中国語を学ぶグループも結成されました。

先輩が激励、単位も取れます

勉強会は自由参加。TOEIC などで高得点を取った先輩の激励を受けながら学習を進めます。教育学部の仲間とともに勉強できるので、緊張や不安がありません。また、後期からは教員による授業形式の時間を設定し、それに一定の回数以上参加すれば、単位として認定することも企画しています。外国語で行われる授業にも積極的に挑戦、実際に語学力を発揮する経験をします。

海外研修優先参加など特典あり

クラブのメンバーは、教育学部の海外研修に優先的に参加できます。さらに、TOEIC試験の準備として、模擬試験を何回でも無料で受けられること、多くの教材を無料で使用することができることなど、クラブ・メンバーには様々な特典が与えられます。
  • 在学生インタビュー
  • 卒業生インタビュー