教員採用試験

公立学校の先生になるには?

公立学校の教員採用試験は、正式には「教員採用候補者選考試験(検査)」といい、様々な試験を実施して、教員の候補者として適した人材を選抜する試験です。多くの課題を抱える近年の学校教育においては優れた教師の確保が重要となっており、最近の教員採用試験では人物を重視する傾向にあります。ここでは、教員採用試験を初めて受験することを考えている方を対象に、その概要を紹介していきます。

教員採用試験の内容

教員採用試験では、基本的に次の5つの試験があります。これらの試験を通して、教師としてふさわしい人物を選考していきます。
 
試験名 試験の内容
筆記試験 教養試験専門試験が行われます。教養試験は、教職に関する知識を問う教職教養と、一般的な知識を問う一般教養からなります。また専門試験は、志望する校種・教科に関する内容について出題されます。
論作文試験 教育論や実践的な指導方法のテーマを課し、受験者の人物像や教師としての考え方・資質を評価します。
面接試験 個人面接集団面接集団討論模擬授業場面指導など様々な形態で行われます。最近は教員としての資質能力を兼ね備えているかを重視する傾向にあり、面接試験のウェートが大きくなっています。そのため、2~3回面接を行ったり、模擬授業や場面指導を取り入れたりして、受験者の人物像や教師としての資質能力を多角的に評価します。
実技試験 小学校の音楽や体育、中学校・高校の英語・音楽・家庭・保健体育・工業・商業などの教科・科目で行われます。その教科・科目に関わる基本的な技術・技能を有しているかを判断します。
適性検査 教員の資質として要求される諸々の特性について、客観的に調べるために実施されます。主に、クレペリン検査Y-G性格検査MMPI(ミネソタ多面人格目録)などが用いられます。

募集要項の入手

教員採用試験を受けるためには、まずは募集要項を入手しましょう。教員採用試験は都道府県(市)ごとに実施されるため、自分の志望する都道府県(市)の教育委員会等で入手します。例年3月下旬頃から順次、試験の概要が発表されるのと同時に募集要項が配布されます。入手方法は、主に次の通りです。
 
  • 各都道府県(市)の教育委員会等に直接受け取りに行く。
  • 各都道府県(市)の教育委員会に請求して郵送してもらう。
  • 各都道府県(市)の教育委員会のホームページからダウンロードする。

募集要項には、受験に際して様々な資格制限や規定を掲載しています。中でも、次の点はチェックしておきましょう。
[1]年齢制限、受験資格
受験する都道府県(市)が、どの年齢まで受験可能なのか確認しましょう。
[2]募集する校種・教科、教員免許の種類
募集する校種・教科は、現職教員数や児童生徒数の増減などに伴って変わります。該当の校種・教科について募集があるか、免許の種類とともに確認しましょう。
[3]特別選考・免除制度
英語や情報技術などの有資格者やスポーツ・芸術などの分野で優れた能力・実績を有する者、社会人経験を通じて担当する教科・科目に関する専門的な知識・経験・技能を有し、教員の職務を行うのに必要な熱意と識見を持っている者には、特別選考制度や一部試験の免除などの規定が設けられている場合があります。

受験願書等の提出

願書を提出する際には、次の点に注意しましょう。
[1]願書の受付期間・方法
願書の受付は、4月上旬~6月下旬の間の1~2週間程度ですが、出願期間が3日間という短期間のところもありますので、注意が必要です。また、提出方法には、持参郵送、インターネットを利用した電子申請があります。受験する都道府県(市)がどのような提出方法を指定しているか確認しておきましょう。
[2]提出書類
受験するにあたっては、願書(受験票)、卒業(修了)証明書または卒業(修了)見込み証明書、成績証明書、教育職員免許状または教育職員免許状取得見込み証明書の他、志願書登録票、面接調査票、健康診断書など非常に多くの提出書類が必要です。中には、自己推薦書(自己アピール文)や課題レポートなどの提出を求める都道府県(市)もあります。募集要項に記載されている内容を熟読し、必要なものは早めに取り揃えておきましょう。

試験の進行

教員採用試験は、原則として1次試験と2次試験に分けられますが、1次試験のみのところもあります。
[1]1次試験
1次試験は、7月の第1土・日曜日から7月末頃にかけて行われます。試験の内容は、主に教養試験・専門試験といった筆記試験が行われますが、論作文試験や面接試験、実技試験を実施する場合もあります。日程的に複数の都道府県(市)の受験が可能ですので、併願も考えてみるとよいでしょう。なお1次試験の結果は、各都道府県(市)により7月下旬~9月上旬に発表されます。
[2]2次試験
2次試験は8月上旬~9月末にかけて行われます。試験の内容は、主に面接試験論作文試験実技試験が行われますが、都道府県(市)によっては教養試験や専門試験を実施する場合もあります。試験の結果は9月中旬~10月中に発表され、合格(最終合格)すると「教員候補者名簿」に登載されます。

以上が公立学校の教員採用試験に関する主な概要です。このことを踏まえて、採用までのスケジュールを考えてみましょう。
 

学習スケジュールをたてることが合格への早道

教員採用試験は、筆記試験、論作文試験、面接試験、実技試験、適性検査と多くの試験が課されますので、効率良く学習を進めていくことが合格への鍵となります。特に筆記試験は、教職・一般・専門の3つの教科が課される上に、それぞれ広範囲の内容を理解しなければなりません。

したがって、筆記試験対策を学習スケジュールの柱とし、それと平行して、その他の試験対策を少しずつ進めていくことが得策となります。

Step 1 基礎力養成期

教員採用試験の筆記試験は、都道府県(市)ごとにその内容、出題形式とも異なっていますので、まずは各都道府県(市)の過去問題を分析して大まかな出題傾向を掴みましょう。出題傾向の把握に最も有効なのは、過去問題の分析です。試験問題を過去3年間ほど遡り、どの分野の問題がどのくらいの頻度・難易度で出題されているのか把握しましょう。その際、自分なりに出題分野表などを作っておくと、傾向がより掴みやすくなります。

早期の学習方法としては、一度、参考書などの基本書を細部まで熟読することをお勧めします。特に頻出分野については念入りに読み、必要に応じて整理しておきましょう。教職教養の分野では、参考書のほか、近年出された答申や報告、学習指導要領を通読しておくと大変役立ちます。その上で基本的な問題集に当たって基礎力をつけていきましょう。また問題を解いていくうちに、理解ができていない分野や苦手な箇所も明らかになってくるはずです。その部分については、サブノートなどを利用したりして確実に基本を習得しておきましょう。

Step 2 実力アップ期

基礎力が定着したら、志望する都道府県(市)に絞り込んだ傾向分析を行い、出題頻度の高い分野をピックアップします。頻出分野について参考書の該当箇所をしっかり読んで内容を掴み、問題集を解いて実力をつけていきましょう。

知識が定着しているのであれば、順に応用問題から実践問題へと進めていきます。また、模擬試験などを受験して、現時点での自分の実力を測ってみるのもよいでしょう。受験後は必ず解説に目を通し、できなかった問題については復習をしておくことが肝心です。

Step 3 総仕上げ期

試験直前期の学習方法は、新しい参考書や問題集などには手を広げず、これまでの学習の総復習を行うのが最適です。また、受験する都道府県(市)の過去問題を繰り返し解いて慣れておくことも大切です。なお不得意な分野がある場合は、集中的に問題を解くなど、試験本番までに克服しておくことです。
すべての期間を通して
近年の教員採用試験は人物重視の傾向にあるため、面接試験や論作文試験を通して受験生各々の教育観や実践的指導力を問うものが多くなってきています。したがって、筆記試験の学習を進めていく中で得た知識を、面接・論作文試験でも使えるようにしておくことです。具体的には、参考書の精読や問題演習を通して知識を増やしていくことからもう一歩踏み込み、現在どのような教育を推進しているのか、教育の現場ではどのようなことが起こっているのかなど、現在の教育の実情を把握した上で、自分ならどのように対応するのかを考えてみましょう。そして、まとめたものを実際に声に出してみたり書いてみたりすることです。それを周りの人にみてもらってアドバイスを受けたり、意見交換したりするなどして、自身の教育観や実践的指導法を固めておきましょう。同時に自己分析をしっかりして、自分の魅力をアピールできるようにしておくことも重要です。

また、教員採用試験は、筆記試験、面接試験などで時事的な話題の出題も目立ちます。したがって、日頃から社会の動き・教育の動向を捉えるため、常に新しい情報を得ておくことが必要です。

その他、校種・教科によって、あるいは受験者全員に対して実技試験が課されることがあります。過去の試験内容を参考にして、少しずつ練習しておきましょう。

学習スケジュール例

学習スケジュール例
対策講座の詳細は、
教職キャリアセンターホームページで公開しています。

時間があまりない人の学習のポイント

社会に出て働いている人となると、学習時間があまりとれず、すべての分野を基礎からじっくり学習を進めることは難しいと思います。そのような場合は、次の点を押さえて効率良く進めましょう。
  1. 過去問題の分析を徹底的に行い、特に出題頻度の高い分野を集中的に学習します。同時に、用語集や小事典、参考書などに印をつけ、最重要事項としてすぐに確認できるようにしましょう。参考書類は、携帯して持ち運べるものを用意しておくと時間を有効に使えます。
  2. 問題演習も頻出分野・苦手分野に絞り込み、繰り返し行います。苦手な分野や理解が不十分な箇所は、サブノートなどを活用して知識の確認をしておきましょう。また、ノートを作って頻出分野やできなかった箇所をまとめておき、細切れ時間を利用して何度も見直しておくことも有効です。
  3. 毎日少しでも学習時間をつくり、感覚を鈍らせないことです。また、休日は徹底的に学習に当てる時間にしましょう。そして何よりも、「絶対に合格する!」という強い意志が必要です。
以上の学習スケジュールは、あくまでも一般的なものです。これをもとに、自分に合った学習プランを立ててみましょう。試験の学習を進めていく上で共通して言えることは、日々の積み重ねが大事であるということです。学習には人それぞれ違ったペースがあります。他の人のペースに惑わされることなく、自信を持って学習を進めていきましょう。
 
出典(東京アカデミーホームページより抜粋)
  • 在学生インタビュー
  • 卒業生インタビュー