学生受入方針
(アドミッション・ポリシー)

 教育学部は、学部の理念・目的に示した能力を持つ人間を育成するため、人間主義に基づいた教育の探究と実践を志し、基礎的な知識・技能および的確な読解力・表現力を土台として、柔軟な思考をもって他者と協力できる学生を求め、創価大学のアドミッション・ポリシーに基づき、以下の基準で選考を行います。
 
  1. 本学部の理念・目的への理解を基礎とした志望動機、人間主義に基づいた教育を探求しようとする修学意欲については、AO入試や公募推薦入試、外国人入試において行う書類審査及び面接を通して評価します。
  2. 大学での学修活動において要求される基礎的な知識・技能については、公募推薦入試、センター利用入試、全学統一入試、一般入試、外国人入試で行われる書類審査及び学力試験の結果を通して評価します。これらの入試での評価にあたっては、英語力を相対的に重視し、AO入試や公募推薦入試の書類選考においては、実用英語能力テストの結果に応じて優遇措置を取ります。
  3. 教育の理論・実践の探求を目指す上で必要不可欠となる読解力・表現力、柔軟な思考力については、公募推薦入試、センター利用入試、全学統一入試、一般入試で行われる学力試験、さらにAO入試、公募推薦入試、外国人入試で行われる小論文審査を通して評価します。
  4. 優れた教育者の資質である他者と協力できる協働性については、AO入試において行うグループ学習を通して評価します。
  • 在学生インタビュー
  • 卒業生インタビュー