学位授与方針

学部の理念・目的

 教育学部は、創価教育の父、牧口常三郎先生の遺志を受け継ぎ、教育学科、児童教育学科ともに、建学の精神にある人間主義に基づいた学問研究と教育実践を行うことを目指しています。

 創価大学の建学の精神およびグランドデザインが示す「創造的人間」という指標を踏まえ、教育学部は「人間教育とは何か」について探究し、その精神を基盤にして、将来のさまざまな場面における問題を、教育学的・心理学的視点から、高度な知識と技術をもって解決できる人間の育成を目的としています。

 


教育学部の教育目標

 教育学部は、以下の4項目を教育目標に掲げています。

  1. 教育学、心理学に関連する諸学問の学修を通して、それを、教育を考えるための糧としていくことができる人間を育成する。
  2. さまざまな教育の場において、現在どのような問題が起こっているのか、その問題の解決のために何が求められているかを理解し、それを実際に解決できる問題解決能力を身につけた人間を育成する。
  3. 教育問題を自明のものと受け止めるのではなく、それらをつねに学問的な検証の対象にしていく態度を身につけた人間を育成する。
  4. 教育問題を、地域・国・世界というさまざまなレベルで考え、その結果を自分の言葉で語るとともに、社会の様々な領域における活動において活用することができる人間を育成する。



教育学部ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 創価大学のディプロマ・ポリシーに基づき、教育学部では、学生が卒業までに以下の基準を十分に達成したかどうかを判断した上で、学士(教育学)を授与します。
 
知識・理解

  1. 教育学と心理学に関する基本的な知識を修得する。
  2. 教育学と心理学の研究方法を理解する。
  3. 世界(経済、政治、倫理、宗教、自然、芸術、身体、そしてこころ)の諸問題を理解し、そこに教育問題・課題を捉えることができる。

考える力

   4. 世界と自己自身の間を結びつけながら、反省的に思考する。
   5. 
世界の諸問題を教育学的または心理学的な観点から分析的に思考する。
   6. 
世界の諸問題の解決を教育実践または臨床実践としてデザインする意味で、構想的に思考する。


行為する力

     7. 教育学と心理学の研究方法を対象と目的に応じて適切に利用できる。

     8. 世界の諸問題に対する教育実践上あるいは臨床実践上の解決を見出しそれに取り組むことができる

     9. 教育実践または臨床実践に、同僚性のなかでリーダーシップを発揮しながら取り組むことができる。


態度

    10. 自他とのコミュニケーションを通して、絶えることない自己成長を追求する態度を持つ。

    11. 価値に対する謙虚さを自覚しなければならないという意味で、教育学的な倫理性を持つ。
    12. 
他者の主体性を尊重しながら、その成長を支え促そうとする教育学的な責任感を持つ。

  • 在学生インタビュー
  • 卒業生インタビュー